進化を続けるトヨタ・ハイエース200系の歴史・沿革 1型~6型(4型最終)~外観/仕様の違い~

ハイエース200系1型(Ⅰ型)

2004年8月(平成16年8月)〜2007年7月(平成19年7月)

2004年8月、15年ぶりにフルモデルチェンジされデビューしたハイエース200系。その初期モデル

100系にラインナップされていた標準ボディが廃止され、ボディ長はロングとスーパーロングの2種に。

主な仕様&仕様変更

■機能面
  • 2.5ℓディーゼルターボエンジン搭載
  • 2.7ℓガソリンエンジンを追加

 

■デザイン面
  • ボディ長はロングとスーパーロングのみに
  • スーパーロング車をワイドボディ化
[ヘッドランプ形状]
ほぼ四角形
[フロントグリル形状]
U字 + 逆T字
[ロアグリル高]
フォグと同じ高さ

ハイエース200系2型(Ⅱ型)

2007年8月(平成19年8月)~2010年7月(平成22年7月)

2007年8月のマイナーチェンジにより誕生した2型

バンにスーパーGL・ワイドボディ&ミドルルーフ車が新登場

主な仕様&仕様変更

■機能面
  • 新開発3ℓ(1KD-FTV)ディーゼルターボエンジンを搭載
  • スーパーGL(最上級グレード)、DX(標準グレード)の中間にあたるパッケージオプション『GLパッケージ』の投入
  • 全車対象にアルミホイールがオプション設定

 

■デザイン面
  • フロントグリル、バンパーのデザインが変更
  • バンにスーパーGL・ワイドボディ&ミドルルーフ車がラインナップ
  • スーパーGLのシート表皮が変更
  • スーパーGL専用に新外鈑色を投入
[ヘッドランプ形状]
ほぼ四角形
[フロントグリル形状]
細U字 + 細U字
[ロアグリル高]
フォグと同じ高さ

ハイエース200系3型前期(Ⅲ型)

2010年8月(平成22年8月)~2012年4月(平成24年4月)

1KDディーゼルエンジンを改良。ポスト新長期排出ガス規制に対応すると同時に出力も強化した3型

主な仕様&仕様変更

■機能面
  • 1KDディーゼルエンジンの改良、ポスト新長期排出ガス規制に対応し、出力強化。
  • スーパーGL、ワゴンGLなど一部モデルで、HID式ヘッドランプをメーカーオプションで設定
  • 一部モデルにフロントオートエアコンを標準装備
■デザイン面
  • フロントグリル、フロントバンパー、ヘッドランプなど、フロントデザインの変更
[ヘッドランプ形状]
下側が少し膨らんでいる
[フロントグリル形状]
H字バー
[ロアグリル高]
フォグより少し高い位置

ハイエース200系3型後期(Ⅲ型)

2012年5月(平成24年5月)~2013年11月(25年11月)

新エコカー減税に対応した3型後期

  • 2008年法改正により後部座席のシートベルト装着が義務化。これに伴いコミューターGL、DXのリアシートベルトを3点式に変更。
  • 新エコカー減税制度に対応するため、一部型式のディーゼルエンジン車の排出ガス識別記号を変更

主な仕様&仕様変更

■機能面
  • 新エコカー減税制度に対応するため、ディーゼルエンジン車の排出ガス識別記号を変更(一部型式)
  • コミューターGL/DXのRrシートベルトを3点式へ変更
  • 法規対応のため、コミューターGL、DXのFr中央席を廃止、定員を14名に。
  • フォグランプにPSX26が標準採用。

 

■デザイン面
[ヘッドランプ形状]
下側が少し膨らんでいる
[フロントグリル形状]
H字バー
[ロアグリル高]
フォグより少し高い位置

ハイエース200系4型(Ⅳ型)

2013年12月(平成25年12月)~2017年10月(平成29年10月)

内装・外装共にマイナーチェンジ。スタイリッシュな外観で誕生した4型

全車オプション設定でLEDヘッドランプが選べるように。

主な仕様&仕様変更

■機能面
  • LEDヘッドランプをオプション設定
  • オートエアコン含む、センタークラスターパネルのデザインを変更(一部グレード)
  • ガラスアンテナ、バックドアイージークローザー採用(バン『スーパーGL』)
  • 両側パワースライドドア、スマートエントリー&スタートシステム、ステアリングオーディオスイッチをオプション設定(バン『スーパーGL』)
  • バックドア近くにリヤルームランプ1個を追加(標準ボディ全車)
  • VSC&TRC/ヒルスタートアシストコントロール/緊急ブレーキシグナルを標準化

 

■デザイン面
  • フロントバンパー&グリル、ヘッドランプ、(一部のグレードで)リヤコンビネーションランプと、デザイン変更
[ヘッドランプ形状]
左右とも内側に膨らんだ五角形に近い形
[フロントグリル形状]
U字バー + 極太U字バー
[ロアグリル高さ]
フォグより少し高い位置

ハイエース200系5型(Ⅴ型)

2017年(平成29年)11月~2020年(令和2年)2月

デザインに大きな変更なし。安全面などの機能が進化した5型

5型最大の特徴は、(一部モデルを除く全車に)衝突安全装置『Toyota Safety Sense P』が標準装備されたことではないでしょうか。

デザインについては4型から大きな変更はありません。

主な仕様&仕様変更

■機能面

・衝突回避支援パッケージ『Toyota Safety Sense P』標準装備(一部を除く全車)

ディーゼルエンジンがKD ➡ GDに変更。(VN[D])

メーターがアナログ ➡ オプティトロンに変更(DX)

トランスミッションが4AT ➡ 6ATに変更(VN[D])

■デザイン面
  • フロントグリル全面にミリ波レーダーの四角い窪みがある。
  • ※デザイン面に大きな変更なし
[ヘッドライト形状]
左右とも内側に膨らんだ五角形に近い形
[フロントグリル形状]
前面にミリ波レーダーの四角い部分が見られる
[ロアグリル高さ]
フォグより少し高い位置

 

ハイエース200系6型(Ⅵ型)

2020年(令和2年)5月~現在(令和3年)

法規対応、安全装備の充実だけでなく、デザインも変更された6型

主な仕様&仕様変更

■機能面
  • 衝突回避支援パッケージ『Toyota Safety Sense P』標準装備
  • 2.8Lクリーンディーゼルエンジン搭載
■デザイン面
  • 5型では前面に表れていた『ミリ波レーダー』が、グリルの奥に収納されてスッキリした外観に
  • 1型から続いた『丸みを帯びた横長』のサイドミラーが少し角ばったデザインに
[ヘッドランプ形状]
左右とも内側に膨らんだ五角形に近い形
[フロントグリル形状]
『ミリ波レーダー』がグリル奥に収納された
[サイドミラー形状]
丸みを帯びた横長から少し角ばった縦型に

沿革

  • ハイエース200系1型:2004年8月(平成16年8月)〜2007年7月(平成19年7月)
  • ハイエース200系2型:2007年8月(平成19年8月)~2010年7月(平成22年7月)
  • ハイエース200系3型前期:2010年8月(平成22年8月)~2012年4月(平成24年4月)
  • ハイエース200系3型後期:2012年5月(平成24年5月)~2013年11月(25年11月)
  • ハイエース200系4型:2013年12月(平成25年12月)~2017年10月(平成29年10月)
  • ハイエース200系5型:2017年11月(平成29年11月)~2020年(令和2年)2月
  • ハイエース200系6型:2020年(令和2年)3月~現在

最後に

ハイエース200系の歴史・沿革はいかがでしたでしょうか。

今後どのように進化していくのか、楽しみなところですよね。

ハイエースのカスタムやオリジナルパーツ、完成車(コンプリートカー)にご興味ありましたら、ユーアイビークルにご相談ください。

●ハイエースのパーツ、コンプリートカーのことなら、ユーアイビークルへ

ユーアイビークルは、ハイエースを中心にワンボックス車用の機能的アフターパーツブランドを全国に展開する会社です。

内装パーツや外装パーツはもちろん、快適な乗り心地を追求した足廻りパーツも人気です。

本社(大阪府堺市)を拠点に、大阪店・名古屋店・埼玉店の3店舗を展開中。車輌購入前のご相談から購入後のカスタム等、ハイエースの事なら何でもお気軽にご相談下さい。

ハイエースを知り尽くしたプロのスタッフが適切にアドバイスさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です